永久脱毛なら医療レーザー!

日本では、永久脱毛といえる方法は、医療機関であるクリニックで医療レーザーを使った脱毛だけなのです。

医療レーザーをあてることで毛根や毛乳頭の黒い組織を破壊し、毛の生成が長期間停止させることを永久脱毛と呼ぶため、医療クリニックでの医療レーザーやニードルでの処理以外で、永久脱毛という表現が使えないのです。

従って、永久脱毛ができるのは、クリニックの医療レーザー脱毛だけということになります。

医療レーザー脱毛は約90%の人に6ヶ月~1年以上の発毛抑制が見られるそうですから、年齢差・個人差はありますが、永久脱毛であるといっても差し支えのないものになっており、医療レーザー脱毛=永久脱毛と今では言われているのです。

医療レーザーは、毛が黒く、色白の日本人にはピッタリ!

医療レーザー脱毛で、使用される医療レーザーは、毛のメラニン色素に医療レーザーの光が集まるように作られており、そのメラニン色素を通じて毛根にアプローチし、ムダ毛が生える元である毛球部の毛母細胞を破壊して毛が生えてこなくします。

痛みは、この医療レーザーが毛根にアプローチした際に熱するのですが、その熱が伝わり痛いと感じるのです。ちなみに、フラッシュ式の場合も仕組みとしては、同じなのですが、フラッシュ式の発する光は、医療レーザーと比較していろんな波長の光を発して、肌を通じて毛根にアプローチするため、非効率なのですが、医療レーザーの場合は、毛のメラニン色素に反応するように調整されているため、非常に効率よく毛根にアプローチできるわけです。

従って、毛は黒い方が反応は良いのです。外国の方に多い金髪などは、医療レーザーを使った方法には適しません。日本人の場合は、頭髪の場合は染めている方もいらっしゃるかもしれませんが、ムダ毛はほとんどの人が黒いでしょうから、まず問題はないでしょう。

また、メラニン色素は、皮膚にも含まれています。そのため、黒人のような黒い肌の人には医療レーザー脱毛はできません。余談ですが、家庭用レーザー脱毛器のトリアでも、肌の色を感知して照射できないようにしているそうです。

肌が黒いと、そのメラニン色素に医療レーザーが反応してしまいますから、当然、痛いですし、痛いですが、毛根にアプローチしているわけではありませんから、効果は無いわけです。

ですから、日焼けなどで、極端に肌の色が小麦色になっていると、医療レーザーを使った処理は難しいのです。

その点、日本人女性は、毛は黒いですし、肌も極端に日焼けをしていなければ比較的白いですから、レーザー効果は高くなるのです。

医療レーザー脱毛は痛い?!

医療クリニックの医療レーザー脱毛は、とにかく痛いというイメージが付いてきますが、毛根の組織を破壊することが脱毛である以上、痛いというのはどうしてもつきものです。

サロンでの脱毛の痛みは、軽くはじくくらいの痛みですが、医療レーザー脱毛の場合は輪ゴムではじいたくらいの痛さというのが一般的です。

医療レーザー脱毛はその効果と引き替えに痛みはある程度つきものではありますが、痛いのを好む人はいませんから、医療クリニックでも、いろいろ、痛みを軽減するような処置をしてくれます。

クリニックによっては、医療レーザー照射前に、冷却装置を利用して肌を冷たくしてから医療レーザーを照射するようにして、痛みを軽減するクリニックもあります。

それに、テスト照射で皮膚の様子やムダ毛の状態を確認してから、出力を調整して照射します。

当然ですが、痛みが強い場合は、申しでればその都度調整してくれます。

レーザー照射後に皮膚が赤みを帯びることがありますが、大体1週間から10日くらいで自然と消えます。この期間には個人差がありますが、ひどいやけどのようなことにはなりません。そのために、医師がいるクリニック以外では医療レーザーが使えないように法律で決められているわけです。

医療レーザー脱毛は、あくまでも医療行為なのです。その点は、エステサロンとは大きく異なる点です。

また、医療レーザー脱毛は、かなり短期間で完了します。早く完璧に脱毛を完了させたいという方には、医療レーザー脱毛をおすすめします。

医療レーザー脱毛のメリットは永久脱毛できること!

医療レーザー脱毛のメリットですが、施術時間が短い・安全性が高い・全身だけでなく産毛を処理することもできる…などが挙げられます。

しかし、医療レーザーでの脱毛最大のメリットは、なんと言っても、永久脱毛だと言うことに尽きるでしょう。

永久脱毛するためには、医療レーザーや、ニードルによる脱毛しかないともいえるのです。ですから、永久脱毛するなら医療レーザー、簡単に全身脱毛したいのならサロンのフラッシュというのが、現在の一般的な方法といえます。

医療レーザー脱毛は速い!早い!

施術時間が短いというのは、1度の医療レーザーの照射によって、広範囲のムダ毛を処理することができるため、施術時間はかなり短くて済みます。

そのため、背中や足など、ムダ毛が多い場所などは有難いですね。照射時間も数分~数十分ですから、時間を取らないのもメリットでしょう。

ちなみに、照射する場所によって照射時間は異なります。ワキ・肘・手の甲・手の指・ヒザ・足の甲・足の指・Oラインなどならばおよそ5分ほどで完了しますが、広範囲なVラインやIライン・へそ下・腹部・肘下などは10分~15分、ヒザ上・ヒザ下・肘上・背中・腰・臀部…などは20分~30分ほどが目安となっています。

一回の処理時間が早いだけでなく、全身脱毛の終了が早いのも特長です。

全身脱毛する場合も、サロンなら2~3年通わなければいけないところですが、医療レーザーなら、早いところで3か月~半年で全身脱毛が完了するコースもあります。これなら、冬に施術を始めれば、次の夏までには終わっているということも十分可能です。

安全性の高さ

安全性が高いというのは、まず、医療レーザーを使えるのが、医師、そして医師の指導の下での看護師であるということです。

ですから、安心して受けることができるのではないでしょうか。

肌のタイプ、例えば乾燥肌や敏感肌という肌の方であっても、医療レーザーでは施術をすることができますし、もし万が一、発疹が出たり、赤みを帯びてしまった場合でも、すぐに対処することができます。

医療レーザーはパワーが比較的強いものの、それでも肌へのダメージは非常に少ないですから、自己流で毛抜きやカミソリを使って処理するよりも肌を傷めることがなく、安全です。

気になる衛生面も、医療機関ですから徹底しているのは、そうでないところとは比べるまでもありません。目に見える部分の掃除がしてあるかどうか…だけでなく、目に見えない雑菌に対する殺菌処理も、医療機関だからこそ行き届いているはずです。

産毛の脱毛?!

全身だけでなく産毛を処理することもできる…というのは、施術回数や期間にもよりますので、はっきりと言いきれるわけではないのですが、決して不可能ではありません。

産毛は色素も薄いですし、また柔らかくてコシのない体毛ですが、しかし医療レーザーのパワーは強力ですし、繰り返し医療レーザーを照射していくことで、徐々に産毛も減少していくのです。

それに、最新の医療レーザーは性能が高く、産毛もしっかり脱毛できるようになっていますしね。

他にも、ムダ毛処理をするために医療レーザーを照射した部分の黒ずみを解消することができたり、ワキの処理の場合、ワキガの原因となっているアポクリン腺に対しても医療レーザーが作用するため、ワキガの臭いを軽減できる場合もあります。

また、医療レーザーによる処理を重ねていくと、徐々に毛穴が小さく引締まっていくため、肌がツルツルになる効果も期待できますよ。

医療レーザーで脱毛するデメリット

医療レーザーで脱毛を行う場合のデメリットはなんでしょう?

医療レーザーとはいえ、少なからずリスクは存在します。もちろんこれは、全身脱毛に限らず、1ヶ所のみの脱毛施術の場合でも同じことが言えるのですが、全体的に赤みが出てしまうことがあります。

場所によっては、体毛が密集してしまっている部分ってありますよね?

男性の場合、ヒゲなどがそれに当てはまりますが、こういった部分は、医療レーザーの反応がとても強く出てしまうことがあります。

当然、メラニン色素を含んでいる体毛や毛根部分のみに反応するため、周囲の細胞や表皮がダメージを受けることはないのですが、しかし、あまりにレーザーが集中して反応してしまいますから、医療レーザーの反応が強く出てしまうんです。

それにより、医療レーザーを照射した部分全体や、体毛が集中している一部分が赤みを帯びてしまうことがあるのです。

ただ、この赤みは、施術後1週間ほどで直っていきますから心配は不要ですし、照射する度に赤くなってしまうというのも、脱毛施術を繰り返し行っていくことで徐々に弱まっていきますので特に心配することはありません。

しかし、赤くなった度合いによっては、翌日からちょっと他人の目が恥ずかしくなってしまいますけどね。

また、毛孔(毛穴から体毛が出ている部分。つまり毛穴)に沿って、赤みが出てしまうこともあります。医療レーザーは、体毛の黒い部分にのみ反応するわけですが、その時、毛孔部分に熱反応がかかってしまうため、熱を持った体毛が毛孔の部分に当たってしまい赤くなることがあります。この場合も、施術後1日ほどで消えていきますので、特に心配する必要はありません。

更に、稀ではありますが、肌の表面に医療レーザーが反応してしまい、火傷を負ってしまうこともあります。

この場合、火傷を負いやすい方として、極端に肌を日焼けそている方は、肌の色が黒い方、乾燥肌の方…などが挙げられます。

日焼けによって黒くなっている肌というのは、肌にメラニン色素を含んでいる状態ですから、本来の脱毛施術のように医療レーザーを照射すると、肌のメラニン色素にもレーザーが反応し、熱を持ってしまうことになります。

元々肌の色が黒い方も同様で、日焼けしていなくても、肌の色はメラニン色素の量によって変わりますから、つまり肌の色が黒い方は、普通の人よりも肌にメラニン色素を多く含んでいることになるんです。

日焼けによって肌が黒くなった方は、医療美白剤であるハイドロキノンによって肌の色を元に戻してから医療レーザーによる脱毛施術を受けることをオススメします。また、元々肌の色が黒い方は、通常よりも、照射する医療レーザーのパワーを抑えることで、火傷を回避することが可能となります(ただし、パワーを落とした分、脱毛効果も下がってしまいますが)。

そして乾燥肌…極度の乾燥肌の方の場合ですが、この場合でも、火傷をしてしまう可能性があります。メラニン色素を含んでいるわけでもないのに何故?と思われるかもしれませんが、極度の乾燥肌の場合、角質層に空気が入りこんでしまって、これが医療レーザーに何らかの影響を与え、結果、表皮に火傷を起こしてしまう…ということになるんですね。乾燥肌の方の場合は、医療レーザーを照射する前に、専用のジェルを塗布することで、火傷のリスクを抑えることができますよ。

そして、乾燥肌・敏感肌・アトピー性皮膚炎の方などは、医療レーザーを照射することで、かゆみを生じる場合もあります。もし、かゆみが生じた場合は、炎症した部分い塗り薬を使用したり、冷却することでかゆみを抑えることができます。医療レーザーによる脱毛施術は医療機関で行うわけですから、少しでも異常を感じた場合は、すぐに医師に相談し、その医師の判断に従って下さい。

もちろん、これらのリスクは、必ずしも、医療レーザーによる脱毛施術をした方全員が該当するわけではありません。

しかし、誰でもあり得ることだと考えておいた方が良いでしょう。

医療レーザ脱毛と後遺症

医療レーザーで脱毛を考えているときに気になるのが後遺症、副作用でしょうか。

医療レーザー脱毛の後遺症として考えられるのは、火傷や色素沈着などです。色んな副作用が考えられるので、医療レーザーが医療機関でしか扱えないのです。皮膚トラブルにも即時に対応可能なクリニックでの医療レーザーなら安心しますね。

後遺症や副作用と聞くと、不安はぬぐいきれないというのが正直なところです。実際にどのような後遺症が考えられて、どのように対応していくのかをみていくことにします。

医療レーザー脱毛と火傷

まず、医療レーザーによる火傷ですが、医療レーザーの熱で毛母細胞を破壊するのですから、多少の熱傷はあるようです。軽度の熱傷は早いと1週間程度でひいてきます。

レーザー熱傷といわれる副作用があった場合は、2~6か月程度でほぼ改善するようです。しばらくはヒリヒリしますので、ちょっと辛いですね。この場合も経過を見ながら処理を継続していくようです。照射のレベルが高すぎると、照射した部位が赤く腫れることもあります。これは何日か冷やすとひいてきます。

鼻下の脱毛を医療レーザーで行うときは、帰りのことを考えてマスクを用意しておいた方がいいかもしれませんね。

医療レーザー脱毛と色素沈着

もう一つの気になる色素沈着ですが、医療レーザーで脱毛した後に熱傷があると毛穴部分が黒ずんでくることがあります。そのまま消えない場合を色素沈着というようですが、ほとんどの場合1~2か月で解消されていくようです。

脱毛を行うときに気になるのが、デリケートゾーンがもともと黒ずんでいる方もいることです。医療レーザーは黒に吸収されますから、余計に黒ずみが増すのでは?と気になります。

元々黒ずみがある個所には医療レーザーを種類を変えて照射することで脱毛が可能なのだそうです。気になる方は、無料カウンセリングできっちりと確認しましょう。

さて、この色素沈着が自然と改善されない場合はどうするかですが、クリニックによって治療法は異なるかもしれませんが、ほとんどの場合、レーザー治療により改善を試みるようです。

医療レーザーでできた色素沈着をレーザーで治すというのもおかしな話ですが、元々、医療レーザーはシミの治療に使われていました。それを応用して脱毛を行っているわけですから、何となく納得できますね。

しかし、炎症を起こした後の色素沈着へのレーザー治療は、始まったばかりのようで、すべてのクリニックが行っているわけではないようですので、こういった場合の対応なども、脱毛開始前のカウンセリングで確認しておいた方がいいでしょう。

医療レーザーで永久脱毛したい方は、下記↓↓↓で紹介しています。
医療レーザーを使った永久脱毛クリニック人気ランキング

2016/02/19 9:38:02

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。

  • 永久脱毛で人気のクリニック比較おすすめランキング!
    永久脱毛は医療クリニックの医療レーザーでの処置を指すのが一般的。医療レーザーなら短期間で全身脱毛できます。最近のクリニックはキャンペーンも盛んに実施しており料金は安くなってきています。永久脱毛ですからサロンで処理を繰り返すよりは安上がり!
  • 東京で全身脱毛するならこの脱毛サロン!人気ランキング
    東京で脱毛サロンを探している人におすすめのキャンペーン情報を中心にお得に全身脱毛ができる脱毛サロンを紹介しています。東京は店舗がたくさんある脱毛サロンも多いので店舗数情報もピックアップ中。
  • トリアは永久脱毛できる唯一の家庭用レーザー脱毛器!
    トリア・パーソナルレーザー脱毛器は、文字通り家庭用レーザー脱毛器です。家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛器が大半の中、トリアは永久脱毛できるレーザー脱毛器ですから脱毛力が他の脱毛器とはひと味違います。本気の脱毛を自宅でしたい人はトリアがおすすめ!
  • ニードルで永久脱毛!とっても痛いけど永久脱毛の決定版!
    永久脱毛の最も効果的な方法といえばやはりニードル脱毛です。しかし、ニードル脱毛は痛いし、脱毛に時間がかかるのが難点です。でも、ニードル脱毛は身体への副作用の心配は無い方法なのです。