TOP部位別脱毛 > 顔脱毛

顔の脱毛

顔の脱毛を行いたい人は意外と多いのですが、全身脱毛をしていても全身脱毛に顔脱毛が含まれていないサロンも多く、顔だけを別のコースを契約したり、顔脱毛だけ別のサロンで行うという方法を取る人もいます。

顔脱毛をするときに気を付けなければいけないポイントがあります。そのポイントを確認しつつ、少しでも安く効果的に脱毛できないか色々比較して考察してみました。

顔脱毛するとどのようによくなる?

そもそも、なぜ顔脱毛をしたいと思うようになるのでしょうか。

理由は色々あるけれど、顔の産毛が濃いと悩んでいる女性は、何とかしたいと思っている人が多いでしょう。産毛が濃くなくとも、顔のうぶ毛がなくなると、化粧ノリが良くなります。定期的に顔剃りに行っていた人も、そういった手間がなくなります。

産毛がないだけで、顔色が明るくなります。不思議に思う方も居るかもしれませんが、産毛があるだけで、その産毛の影ができて顔色がくすんで見えてしまうことがあるのです。

産毛がなくなると化粧崩れもしにくくなります。顔に汗をかくと産毛に汗がたまります。それが原因となって化粧が浮いてしまうのです。つまり、産毛がなくなるとかいた汗は流れてしまうため化粧が浮かなくなるということです。

さらに、産毛がないため、毛穴が引き締まるのです。これは美肌への大きな一歩です。

このように顔の産毛がなくなると、色んなメリットがあるので、顔脱毛をしたいという方が増えています。顔脱毛を希望する方が増えた理由は他にもあるのですが、それは脱毛サロンがたくさん登場して、脱毛料金も競って安くなっているうえ、脱毛の機械も日々進歩しているということもあります。

全身脱毛が流行っていますが、全身脱毛に顔脱毛が入っていないサロンも多いです。これは、顔脱毛がかなりデリケートであることと、サロン脱毛で使用する機械は顔の産毛のような色の薄い毛には効果が出にくいという理由があるのだと思われます。もちろん、全身脱毛とは別に、顔脱毛コースで設けているサロンもたくさんあります。全身脱毛で使用する機械と異なる機械使用する場合もあるのでしょう。

顔脱毛にはどこまで含まれる?

顔脱毛とは、どこまで含まれるか、というと不思議な気がしますが、顔には脱毛できる部分とできない部分があります。

脱毛できない顔の部分というとほとんどの方が思いつく部位として、まぶたがあります。まぶたは皮膚が薄い上に目に一番近いため、安全のために脱毛できないとされています。脱毛サロンで行う通常のフラッシュ脱毛でも、顔以外の部位の脱毛を行うときは、光を防止するサングラスのような眼鏡を装着させられます。そのような光を目に直接あてるのは危険ということになります。

同じく皮膚が薄くて危険という意味で、唇も脱毛はできません。唇の際をどのあたりまで脱毛できるかはサロンにより異なりますので、確認が必要です。

また、サロンによっては、眉毛の周辺や眉毛自体も脱毛しないところもあります。

そして、一番大事なのは、一般的に脱毛できるといわれている部位をどこまで含んでいるかということです。

脱毛できる部位としては、鼻下、鼻、あご、頬、額(眉間を含むかどうか)、もみあげ、襟足、首(前面)、フェイスラインがあります。フェイスラインという表現には、頬とあご、もみあげを含むことが多いです。各サロンによって、表現の仕方が異なるけれど、同じ部位を指していることもあります。

顔脱毛のコースに含まれる部位を顔脱毛で人気のサロンごとに一覧にまとめると次のようになります

サロン名含まれる部位コース紹介
ディオーネ鼻下、鼻、あご、頬、
額(眉間含む)、もみあげ、
襟足、首(前面)
顔全体、またはパーツ別に全12回コースまたは6回のショートコースから選べる
ミュゼプラチナム鼻下、あご顔脱毛コースは無いが、パーツを自由に組み合わせて回数も選べるフリーセレクトプランがある
銀座カラー顔、鼻下、口下(あご)
もみあげ
顔脱毛には鼻下、あご、もみあげは含まれない。顔はLパーツとして8回、20回の回数選択があるスタンダートチョイスになる。
レイビス顔、鼻下、口下(あご)
もみあげ
顔脱毛には鼻下、あご、もみあげは含まれない。顔はLパーツとして8回、20回の回数選択があるスタンダートチョイスになる。
エステティックTBC額、頬、鼻下、あご、フェイスライン
もみあげ
額に眉間は含まれない。初めて割引でかなり安くなる

シェービングは事前に自分でしていくものですが、背中など自分でできないところはサロンでシェービングしてくれますが、料金が1,000円かかります。また、剃り残しがある場合も同様に有料でシェービングしてくれます。

上記比較表には、背中のシェービングが必要だった場合を前提にまとめています。

次に、料金面以外のサービスの比較ですが、月額制では同月内の予約の変更ができないため、変更後の予約は翌月になり、当月の予約は消費されたこととなって料金は戻ってきません。その点、パックプランは予約の変更に柔軟に対応してくれます。ただし、当日キャンセルについては、キャンセルの事情を店舗へ出向いて伝えた場合のみ当日分を未消化扱いにしてくれます。

ここまでのところでは、パックプランのお得感が前面に出ているようなのですが、パックプランは基本的に料金を全額前払いになるため、お金に余裕がないと支払いが難しくなります。カード払いで後からリボ払いに変更するか、キレイモの自社ローンを利用してローンを組むかになります。実際に金額的にはパックプランがお得なので、無料カウンセリング時にパックプランを強く勧められるケースはあるようです。

またパックプランには途中解約した場合の返金システムがありますが、残回数分の全額は返金されません。

料金以外の内容をまとめると次のようになります。

顔脱毛にもいろんな種類がある

顔脱毛と一口に言っても、実はいろんな種類があるのです。種類というより、付加サービスという感じでしょうか。全身脱毛に顔脱毛が含まれていないサロンもたくさんあるのですが、これは、機械の性能的に分ける必要があることもあるでしょうが、美肌効果やリフトアップ効果など、顔のうぶ毛を脱毛するだけではなく、美顔効果もプラスしているサロンが多いのです。

全身脱毛でも、美肌効果のあるジェルを使っているというのは、今や一般的な話です。化粧品でもボディ用と顔用は別になっているように、顔用には特にハリ・ツヤを与えるような成分を含んでいたり美白効果があったりするジェルやアフターケア化粧水を使ったりします。

例えば、顔脱毛で人気のディオーネでは、照射する光の中にフォト美顔の光を3割含む特別な光をあてて脱毛します。フォト美顔の光は肌内部のコラーゲンの生成をサポートします。

エステティックTBC では、フェイシャルエステで培ったノウハウを活かして、コラーゲン・プラセンタ・ヒアルロン酸の3つの美容成分で美肌力がアップします。見た目キレイ、手触りツルスベにこだわっています。

また、銀座カラーでは、脱毛後に美肌潤美というヒアルロン酸・コラーゲン・天然ハーブをはじめとする6種類の美容栄養成分を高圧噴射します。ボディも顔を分けず、同じ保湿ケアをするのですが、顔に使えるほどの保湿ケアをボディにも使用しているということになるので、かなりのお得感があります。

また、銀座カラーでは、脱毛後に美肌潤美というヒアルロン酸・コラーゲン・天然ハーブをはじめとする6種類の美容栄養成分を高圧噴射します。ボディも顔を分けず、同じ保湿ケアをするのですが、顔に使えるほどの保湿ケアをボディにも使用しているということになるので、顔以外の脱毛でもかなりのお得感があります。

このように、顔脱毛は、痛い痛くない、料金が安い高いといった比較以外に、どのような美肌効果や肌ケアが料金に含まれているかということも比較することが大事です。

2015/12/02 13:39:41

この記事を読んでいる人はこんな記事を読んでいます。